私たち『一般社団法人マインドフルネス・ストーリー』は、SDGsに関する著名な団体『一般社団法人SDGs市民ネットワーク』と業務提携を行いながら、SDGsに関する啓蒙としての研修・セミナー開催を実施していきます。
当団体は、過去実績として『世界スカウトジャンボリー』のプログラム運営者として参画した経緯があります。
このイベントは、4年に一度、世界155カ国、約3万人の少年少女たちがが参加するボーイスカウトのイベントとしては世界最大のイベントです。
このイベントに、エネルギー問題や貧困に関するテーマを中心に研修プログラムを実施しました。
兼ねてから『貧困』『エネルギー問題』『児童教育』などに興味があり、それを実現した結果となります。
今後、これらの実績を生かして『一般社団法人マインドフルネス・ストーリー』では、より一層、この分野での啓蒙活動に慢心したいと考えています。 持続可能な開発目標 (SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標 (MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」です。
ここに記載された2016年から2030年までの国際目標は、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓いに賛同し、SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本政府としても、今後積極的に取り組んでいくとされています。
Back to Top